メニュー

腰椎分離症

スポーツに伴う腰痛でなかなか良くならない場合、腰椎分離症の可能性があります。ジャンプしたり、腰を捻る動きで、ストレスが集中する部分に疲労骨折が起きる状態です。放置していると、偽関節と言って、治らない状態になります。

野球、サッカー、バレーボール、バスケットボール、柔道、ラグビーなどで起きることが多く、中学生くらいの男子に起きることが多いです。スポーツに伴う長引く腰痛の場合、一度しっかりとした検査を受けることをお勧めしています。

早期に発見し、適切に治療することにより、多くの症例が骨癒合に至り、しっかりと治癒を目指せます。

診断は、MRIやCTにより行い、分離部の状態を評価した上で、治療方針を立てます。

治療は、安静期間を設定し、装具を作成し、リハビリテーションを行います。

病態には、股関節の硬さやハムストリング(太もも後面の筋肉)の柔軟性低下が影響していることが多く、治療と再発予防のために、リハビリでのストレッチ指導やフォーム指導が重要です。

2019062508590981500120190625090139861001

MRIによる早期診断の例です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME