メニュー

投球肩障害

野球等の投球動作に伴い発症する肩関節の痛みの総称です。

過度の投球動作の繰り返しにより、股関節や、体幹の動きが硬くなり、投球動作のバランスが崩れ、肩関節にかかる負担が大きくなり、痛みを起こすものです。

そのまま、投球動作を続けていると、腱板や関節唇の損傷を起こし、治りづらくなることがあります。

股関節や体幹筋のストレッチを行い、投球フォームを見直すことにより、多くの症例で改善します。

当院では、投球障害に対する理学療法に力を入れいています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME