メニュー

関節リウマチの治療

リウマチの治療関節リウマチとは、関節の内側にある滑膜と言われる部分が炎症を起こして、関節痛や関節の変形などをおこす疾患です。自己免疫疾患の一つです。

関節リウマチの初期症状として、朝に手指の関節が硬くなる「朝のこわばり」の症状がでてきます。この症状は昼頃には改善することが多いです。症状が進行すると左右対称の関節痛、腫脹、変形を引き起こします。

診断・治療

血液検査やレントゲン・CT等による画像検査にて、リウマチの診断をします。

治療はDMARDSと言われる抗リウマチ薬による内服治療が一般的になっています。場合によっては、注射による治療や手術による治療を行うことがあります。

早めの診断・治療により関節破壊等の進行を止めることができる可能性があり、多関節痛や朝のこわばり等の症状がありましたら、先ずは当院にご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME