メニュー

肩関節の痛み、挙上障害などの症状

肩が痛くて挙げられない、動かせないという症状でお困りの方いらしゃいますか?

肩関節は、球関節ですが、受け皿に対してボールが大きい特徴があります。そのため、周囲の筋肉の働きが非常に重要で、そのバランスが崩れると、痛みが出て、動かせないということになります。炎症が強いと、痛みのために寝られないということにもなります。転んで手をつくといった外傷がきっかけになることもありますが、いつの間にか痛くなったということも多いです。多くの場合、肩周囲の筋肉がこわばったり、動きが悪くなったりしてバランスが崩れて、炎症が起きています。

肩関節の治療には、このバランスの悪い状態を把握し、改善することが重要で、多くの場合、注射やリハビリなどの保存療法により改善します。

代表的な疾患

①五十肩(肩関節周囲炎)

 肩周囲の組織、主に肩峰下滑液包や関節包の炎症が原因です。ある角度で肩が痛む場合、手を挙げられない(挙上障害)などがあります。

②肩関節拘縮(凍結肩)

 関節包の炎症により、肩関節の動きが制限される可動域障害が起きます。可動域は一方向だけでなく全体的に制限されます。炎症の程度により痛みを伴い、強い場合は夜間痛で眠れない場合があります。

③肩腱板断裂

 腱板は肩の安定した動きには欠かせないインナーマッスルです。外傷や肩の炎症によって、この肩の腱板が断裂するものを腱板断裂と言います。腱板が損傷し、機能不全に陥ると、肩の痛みや、挙上障害などが起きます。診断には、エコーやMRIが有用です。軽度の場合は、注射やリハビリで改善しますが、大きい断裂の場合は手術が必要になることもあります。

④石灰沈着性腱炎

 腱板周囲に沈着した石灰による炎症が原因です。急激に発症し、痛くて動かせなくなります。レントゲンや超音波(エコー)が有用で、石灰の位置、大きさ、性状を確認することができます。

⑤スポーツに伴う肩関節痛

 野球、ゴルフ、テニスなどの球技、サーフィン、水泳などのパドリングスポーツにともなう肩関節痛などがあります。多くの場合は、繰り返す動作によるオーバーユースやフォーム不良に伴う負荷の蓄積で、炎症、筋肉のこわばりや、癒着が起き、関節機能障害をきたして発症しています。

診断と治療

当院では、細やかな問診と診察、そしてレントゲン、エコー、MRI等により、正確な診断につとめます。

その診断に基づき、一人一人の状態にあった治療法を提案します。

①投薬、注射による炎症の治療

肩関節内の炎症に伴う強い痛みは、ステロイド注射が有効です。

石灰沈着性腱板炎の治療では、エコーで石灰を確認しながらの注射が有効です。

②リハビリテーションによる機能改善

可動域障害からの改善には、リハビリテーションが重要です。特に、理学療法士による一対一の動かして直すリハビリテーションが有効です。各種理学検査とレントゲン、エコー検査等から肩のどの動きが障害されて起きているかを特定し、それに対するリハビリを行います。

 

肩関節由来の症状は、適切に治療することにより、80~90% は良くなります。

よくならない場合は、必要に応じて手術等を提案し、紹介も行っております。

藤沢ぶん整形外科は、肩関節痛に対する治療に力を入れています。

肩関節の痛みにお困りの方は、ぜひご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME