メニュー

院内勉強会 7/2

[2020.07.03]

こんにちは。藤沢ぶん整形外科リハビリテーションスタッフの松本です。
今回は、肩関節の機能である「C-Cメカニズムと第二肩関節」というテーマで勉強会を開催しました。
肩関節は体幹と上肢をつなぎ、人間の関節のなかでもっとも大きい可動域をもつ関節です。その運動は鎖骨、肩甲骨、上腕骨、胸郭の間で連動して行われます。
C-Cメカニズムとは靭帯によって肩甲骨と鎖骨の安定性を担う機能のことをいいます。
また第二肩関節とは上腕骨の周りにある靭帯や筋肉、滑液包のことで、関節がスムーズに動くように補助する機能のことです。
それぞれの機能がうまく働かなくなると、可動域制限や、他の部位に負担がかかり、痛みを伴う場合があります。
肩関節周囲炎とひとくくりの疾患でも患者様によって原因となっている部分は様々です。
藤沢ぶん整形外科では一人一人の患者様に対し、評価を行い、患者様にあった治療を行いながら対応させていただきます。
よろしくお願い致します。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME