メニュー

スタッフブログ

83歳、堀江謙一さん、太平洋横断 世界最高齢(2022.06.08更新)

3月にサンフランシスコから出港した堀江謙一さんが、6/4に単独無寄港太平洋横断を達成しました。
83歳、世界最高齢での挑戦と達成です。素晴らしいことです。
堀江さんの偉業の始まりである初の太平洋横断(1962年)の事を著書「太平洋ひとりぼっち」で読み、その冒険心に圧倒されました。特に当時ヨットによる出国が認められていなかったことから、人目を避けてひっそりと出航した様子を描いた部分が印象に残っています。その時は、23歳だったとのことですから、その頃から60年。その間にも多くの冒険航海を達成しています。以前、神戸の舞子で暮らした時期がありますが、隣駅の朝霧駅に堀江さんの1999年の太平洋横断の時の「MALT’SマーメイドⅡ号」が展示されていて、仕事帰りに寄って眺めたのを思い出します。
自分には、外洋ヨットの経験はありませんが、広大な海を、小さな船で渡ることの危険や困難は想像するだけでもすごい事です。
今回、83歳での挑戦。堀江さんの今までの偉業の数々を見ると、成功するのは当然にも思えてしまいます。でも逆に考えると、当然と思わせる生き方を重ねてきたことの重みを感じます。今回、太平洋横断達成後のスピーチで、「精神と肉体は完全燃焼しましたが、青春真っ只中で、これからも頑張ります。」話されたとのこと。素敵ですね。自分も挑戦のある生き方をしたいと思いました。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME