メニュー

スタッフブログ

8/24 院内勉強会 投球障害肩の評価について(2021.08.26更新)

こんにちは。藤沢ぶん整形外科リハビリテーションスタッフの高石です。今回は「投球障害肩の評価」というテーマで開催しました。

野球の投球動作における肩関節周囲評価として原テストが知られています。原テストとは肩関節の筋力や柔軟性などの投球動作に必要とされる全11項目からなる機能的な評価のことです。この原テストに下肢の筋の柔軟性、関節の可動域を合わせて評価することにより、投球動作に適した状態かどうかを判断します。加えて選手の投球フォームを分析し、故障に繋がる特徴がある場合に改善を図ります。

いつまでも野球を楽しみたい、そのためには軽い痛みの段階で故障の原因を解析し、修正しておくことが大切です。

藤沢ぶん整形外科は、充実したスポーツライフを送りたいスポーツ愛好家の応援団です。

投球時の痛みが気になる方はぜひご相談ください。

 理学療法士    高石

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME